ときどき更新する日記


by 9swzs1ooo8

カテゴリ:未分類( 73 )

 東京・新宿のデパート「新宿三越アルコット」1階の貴金属店「ティファニー」で先月31日、外国人とみられる男にダイヤモンド指輪4点(計約1500万円相当)が奪われた事件で、この男が事件直前、通行人の女性に声をかけて一緒に同店を訪れていたことがわかった。

 警視庁は、男が客を装うために女性を同席させたとみており、6日、この男の写真を公開し、情報提供を呼び掛けた。

 同庁幹部によると、男は先月31日午後3時50分頃、近くの路上で通行人の女性(26)に「妹に指輪を買いたい。案内してほしい」と声をかけ、一緒に食事をするなどした後、同店を訪れた。店では女性を横に座らせ、「プレゼント用の指輪を見たい」と言い、店員が出した指輪4点を両手の指にはめたまま、女性を置き去りにして逃走した。

 公開された写真に写った男は、年齢40〜50歳代で、身長1メートル65〜70。女性の証言などから、韓国人とみられるという。

薬剤師のまたーりぶろぐ
サンクチュアリ
現金化口コミ
出会いランキング
債務整理
[PR]
by 9swzs1ooo8 | 2010-01-09 19:44
 京都市東山区の八坂神社で3日、「かるた始め」が行われ、初詣で客でにぎわう中、平安装束に身を包んだ「かるた姫」たちが優雅な王朝絵巻を再現した。

 祭神・スサノオノミコトが「八雲立つ 出雲やへがき つま隠(ご)みに」と詠んだ歌が、短歌の起源とされることにちなむ正月の恒例行事。日本かるた院本院(同市下京区)などが昭和46年から神前に奉納している。

 今年で40回目を迎え、「奉納かるた」神事では、同志社大2年、荒木麻里さん(20)と、立命館宇治中1年、大前こころさん(13)が華麗な手さばきを披露。百人一首の名歌が朗々と詠みあげられる中、幼児、小学生の童子、童女12人とかるた姫10人が能舞台で「初手合わせ」に挑んだ。4回目の参加となった荒木さんは「40回という記念の年で、緊張しました。参加させていただき、うれしいです」と話した。

【関連記事】
京都・八坂神社で「おけら詣り」
世界遺産守れ!清水寺に国内最大規模の防火水槽
【京のいろ】神輿渡御 祇園祭 まだ祭りは終わりじゃない
響く祗園囃子、漂う情緒 祇園祭宵山
芸舞妓が浴衣姿で願掛け 京都・八坂神社で

gremrpyetbのブログ
x1turyegのブログ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化
[PR]
by 9swzs1ooo8 | 2010-01-09 10:41
 献血者が減りがちな冬季に全国各地で献血を呼び掛ける「はたちの献血」キャンペーンが1月1日から始まったのを受けて、厚生労働省内で集団献血が行われ、長妻昭厚労相がその様子を視察した。

 この日午前10時、同省内の講堂に、東京都赤十字血液センターの職員が待機。午後4時までの間に、同省職員119人が献血を行った。午後2時には長妻厚労相が行動を訪れ、受付から問診、検査、献血、休憩を行うそれぞれのブースを、日赤の担当者からの説明を受けながら約15分間をかけて一巡した。

 冬場から春先にかけては献血者の数が減少するため、厚労省は都道府県や日本赤十字社(日赤)との共催で1月と2月の2か月間を「はたちの献血」キャンペーン期間と位置付けている。 日赤によると、2007年に献血した人の79.3%が50歳未満で、10歳代から20歳代までの献血者は29.6%だった。一方で、東京都では輸血用血液製剤の84.9%が50歳以上の患者に使用されており、若い世代からの献血が高齢者医療を支えている現状だ。日赤では「本格的な少子高齢化を迎えるに当たって、より幅広い年代層による献血の協力体制が必要」としている。


【関連記事】
新型インフルによる血液製剤の回収が増加
都道府県代表者らが献血推進で協議
献血後に新型感染判明、日赤が血液製剤を回収
新型インフル対策で英国滞在者からの献血制限緩和へ―日赤
日赤などが「はたちの献血キャンペーン」

y940okxzのブログ
r7ibk212のブログ
出会いランキング
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化
[PR]
by 9swzs1ooo8 | 2010-01-06 15:56